ホーム

お知らせ

公認会計士稲門会は屈指の稲門会の一つです

親睦・交流

多くの先生方に当会の行事に参加して頂き、更に現在商学部の講義へ継続して会員の中から講師として派遣もさせて頂いています。総会、行事の後には正門前の東寿司の二次会では毎回早稲田会計学の多くの気鋭の先生方にもご参加頂いています。

早稲田大学への協力

早稲田職域稲門会の中で唯一、奨学金給付事業を手掛けています。アジアからの留学生へ一人年間50万円の奨学金を毎年3―4名へ支給しており、これまで30年間で5800万円(累計116名)の奨学金を支給してきました。

Activity

活動

現在のわが国の公認会計士業界は、監査業務へのAI・IT活用の拡大、グローバルな監査品質の向上要請への対応、企業のESG対応の非財務情報開示の進展など大きく変化しつつあります。また、女性会員の増大、監査事務所以外の一般企業で活躍する会員の増大などもあり、公認会計士稲門会もこれらの環境変化に対応すべき課題も多くあります。新部会を通じて、新時代の潮流を稲門会内へ取り込み、今までにない会計士らしいセミナーの開催・情報発信・SDGsへの対応を検討します。

公認会計士稲門会は維持会員の年会費により運営されています。



ご協力のほど何卒よろしくお願いいたします。

公認会計士

8,000円

会計士補・日本公認会計士協会準会員

4,000円

年会費お支払い方法はこちらをご覧ください。

Membership

入会案内

声高らかに校歌を斉唱致しましょう

2021年7月8日の公認会計士稲門会総会におきまして、会長に選任頂きました杉田純です。

公認会計士稲門会は、前任の藤田世潤会長を始め歴代会長のご尽力と会員の皆様からの会務へのご理解とご支援により今日があるわけであります。現在、公認会計士稲門会はアジアからの留学生への奨学金制度などの実績も認められており、数ある稲門会の中でも屈指の稲門会の一つになっております。ご選任頂き、身が引き締まる思いでおります。

早稲田が好きで懐かしく思われたら、 是非とも当稲門会の総会や役員会へご自由にご参加頂き、一緒に声高らかに校歌を斉唱致しましょう。

会長 杉田 純